4月コラムニスト「青春パレットももちゃん」LIVEインタビュー

更新日:7月29日

こんにちは、4thPlaceコラムアシスタントの米田恵美(めぐちゃん)です。 4月に入って、年度が替わり、新しくフレッシュな気持ちに切り替えて、新生活を過ごしている方も多いのではないでしょうか♪ この度は、そんなフレッシュなゲストを4月のコラムニストとしてお迎えし、インタビューをさせていただきました。青春パレット兼、現役大学生の安居院桃子さん(モモちゃん)の魅力に迫ります!

目次

▶4thPlaceとの関係性

▶子育てに興味を持ったきっかけ

▶今後の目標、理想のお母さん像

▶編集後記




▶4thPlaceとの関係性



めぐちゃん:そもそも、4thPlaceをどのように知ったの? ももちゃん:最初ゆうたろう先輩と、自己啓発や教育関連の話をしていて、ちょうど会わせたい人がいるという感じで、かなこさん、ガッキーさん、藤井さん、ゆうたろう先輩と5人で会い、4thPlaceに入りました。

めぐちゃん:実際に入ってみてどういう印象だった?

ももちゃん:自由というか、私にとって、体育会系で生きてきたから、人が言うことを素直に受け入れてきて、自分からなにかを発信することをやってこなかったので、すごい新鮮な環境でした。初めて自分が思ったことを形にできる場があるんだと思った場所でした。

めぐちゃん:なるほど。実際に今、もプロジェクトリーダーを務める「子ども先生 第四弾」が進行中だけど、そこで感じていることはある? ももちゃん:あります。第1弾~4弾を経て、「全需要」や「優しければいい」だけだと、子ども成長に私がコミットできる限界を感じました。「それもいいね」、だけじゃだめだと思って、「このときどうする?」みたいな、ちょっと難しい質問をして、本人に投げかけることが多くなりましたね。

めぐちゃん:さらに、並走に近くなったよね。

▶子育てに興味を持ったきっかけ



めぐちゃん:もともと、子育てや子ども接することに興味はあったの?

ももちゃん:いいえ、始めから子どもを視野に入れていたわけではなく、アルバイトを始めてから興味を持ちました。大学1年の春、キッズスポーツ教室のチラシを兄が大学でもらってきたことがきっかけです。 めぐちゃん:子どもと接することによって、心境の変化だったりとか、新しい発見はあった?

ももちゃん:いっぱいありました。第一に、こどもたちといると癒されるし、元気がでて、自分に還元されることが結構あります。

例えば、子どもと接すると、「なんで?」とよく聞かれるのですが、「なんでぽっけに手を入れたらいけないの?」、「なんで廊下を走ったらいけないの?」など、なんでダメなのか、自分は教わっていなかったが、改めて問いただすようになりました。「なんで?」に答えて、自分の中に落とし込むんです。

20歳になって、あぐいももこが確立されつつある中で、「自分はこうあるべき」と定まってきているが、子どもたちは、「そこそうする?」、「こういう方向にいくの?」と、新しい視点を与えてくれて、柔軟性を持つ「あぐいももこ」が確立されていってる気がします。

▶今後の目標、理想のお母さん像


めぐちゃん:4thplaceの活動含めて、アルバイトサークルを、これからどんなふうに取り組みたい? ももちゃん:今やっていることを100%やり切りたいです。大学1年で、サークルや4thPlace、スポーツ教室や、学童やアルバイトをして、すごく広がりました。大学生活の中で、取捨選択してきて、残っているものが今、私の近くにあり、お気に入りを並べてる状態なので、その1つ1つを大事にして、密にしたいです。

めぐちゃん:子どもと共に、そこに携わる大人も見てきた中で、将来はどんな大人になりたい?

ももちゃん:「お母さんになりたい」という夢があって。自分の可能性を自分の手で広げられる人が増えたらいいなと思っています! そう思う経緯は、大学受験の時、担任助手に「バカそうだ」と言われた一言です。最初は、「単語帳持ち歩いて一生懸命やってきたのに」という気持ちだったのですが、その方に、「自分で考えて一生懸命やれば?」と言われてから、自分で考えて行動する大事さを教えてもらいました。 目標を立てて、なんでやるのか目的を説明できるようになると、自分で決めているから勉強も進むし、失敗しても後悔しない。自分で考えて行動する大事さを、子どもたちに教えてあげたくて、お母さんという夢があり、今4thPlaceなどに関わっています。

あとは、4thPlaceやサークルの幹部などに関わるうちに、仕事が好きだとも思っているので、4thPlaceのみなさんのように、子育ても一生懸命、キャリアも一生懸命、お仕事も家庭も両方頑張りたいですね。

めぐちゃん:チャレンジャーだね、ももちゃんのそのエネルギーはどこから来ているの?

ももちゃん:性格だと思います。自己分析をしていくうちに、兄弟構成や家族の影響を考えるようになりまして、5人兄弟って、なんかがっついていないと生きていけない上に打ちのめされるときもあるので、不尽なことでも、「ももこはこうだから」と、開き直っていないと自分が萎えちゃう(笑) そういうところで生きてきたから、めちゃめちゃポジティブで、後ろを向かないというのがありました。


▶編集後記

ももちゃんと話していると「自分はできるんだ」「まだ可能性があるんだ」というエネルギーを感じます。


その思考に至るきっかけや意識の中には、家族や4thplaceなど、様々な環境の中で生きていく中で、自分の存在意義を毎度見つめ直しているからだということを、このインタビューLIVEから感じていただけたら嬉しいです。 多くの人に、ももちゃんが与える明るいパワーと元気が届きますように!最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

0回の閲覧0件のコメント